スチームクリーナーの連続稼働時間について解説

スチームクリーナーの連続稼働時間について解説

当ページでは、スチームクリーナーの連続稼働時間について解説をしていきます。
連続稼働時間というのは、スチーム製品を利用していく上で極めて重要なポイントとなります。
詳細についてお伝えしていきますので、是非内容をご確認下さい。

スチーム製品の連続稼働時間とは

では最初に、連続稼働時間を解説していくために・・・
「準備時間」と「連続稼働時間」のそれぞれについて解説をしていきます。

 

準備時間とは

準備時間というのは「スチームを作り出すまでの待ち時間」となります。
スチームクリーナーというのは当然ですが、スチームを作り出すまでに若干の時間が必要となってきます。そのため、パネル方式の場合は1分程度。ボイラー方式の場合は7分程度が「待ち時間」という形で、必要になってきます。

 

連続稼働時間とは

連続稼働時間というのは、その名の通り「連続で稼働をする時間」となります。
スチームクリーナーというのは、基本的には水がなくなるとまた補充をしなければなりません。
つまり、製品によって「連続稼働時間」は異なってくるのです。

 

この時間というのは、基本的にはパネル方式で10分程度、ボイラー方式で30〜45分程度というのが、一般的な内容となっております。

連続稼働時間って重要なの?

ではそもそも、この連続稼働時間というのは、どのくらい重要なのでしょうか。

 

個人的には、スチームクリーナーを利用していく中で、最も重要と言っても過言ではないくらい、重要な指標だと考えております。

 

ご自身が掃除機等を使っている時を想像していただきたいのですが、、、仮に、10分に一回補給が必要だとしたら、かなりイライラすると思いませんか?逆に45分間連続で使用出来るということであれば、不満なく利用を頂けると思います。

 

一般的に発売している「ハンディ型スチームクリーナー」や「スチームモップ」等は、一見すると持ち運びに優れているため、かなり購入したくなる製品となっております。しかし実際に利用をしてみると、この「連続稼働時間」の面で不満ばかりが残ってしまうのです。

 

「本気で家全体を掃除したい」と言うことであれば、この連続稼働時間は極めて重要な内容となります。是非一度お試しください。

 

下のリンクでご紹介しているスチームファーストは、最も連続稼働時間の長いスチームクリーナーとなります。どなたにもオススメ出来る素晴らしい製品に仕上がっていますので、是非公式サイトにて詳細をご確認下さい。

 

>>スチームファースト公式サイト<<