オススメのケルヒャーのスチームクリーナーを解説

ケルヒャーのスチームクリーナーを解説

当ページでは、ケルヒャーのスチームクリーナーの中で、オススメの機種について解説をしております。スペックだけでなく、アタッチメント等のおまけ面についても言及をしておりますので、購入の際には是非参考にしてみてください。

ケルヒャーのスチームクリーナーでオススメの機種とは

ではそもそも、、、ケルヒャーのスチームクリーナーの中で最もオススメの機種は何になるのでしょうか。当ページでは、最もオススメの機種としては「SC1040」となっております。

 

 

SC1040の具体的な特徴としては、下記のような内容になっております。

 

  • 本体のスペックはSC1020と同じ
  • SC1020にアタッチメントが追加されたのが、SC1040
  • 連続稼働時間は30分
  • スチームの質は比較的良い

 

では、上の内容の中で特に重要なポイントについて解説をしていきます。

 

本体自体はSC1020と同じ

まず最初にご理解を頂きたいのが「本体がSC1020と同じ」という点です。
ここは若干勘違いしている人が多い部分になるのですが、SC1040は、SC1020に「ハンドブラシ」が追加された内容となります。そのため、本体等の基本スペックに関しては、SC1020と一切変わらないんですね。

 

個人的には、ハンドブラシは極めて使えるアタッチメントなため、SC1040の方がオススメとなります。しかし、仮に「ハンドブラシを利用する予定はない」という事であれば、SC1020を購入するようにしましょう。

 

連続稼働時間は30分

次に特徴として挙げられるのが「連続稼働時間が30分」という点です。
正直、この時間に関して言うと「比較的長いが、最長ではない」という内容となります。

 

同価格帯のスチームクリーナーで最長は「スチームファースト」の45分となりますので、稼働時間で言うと若干劣ってしまっているんですね。ただ、不満が残るような内容にはなっておりません。

スチームファーストの方がオススメです!

ここまで何点か解説をしてきたのですが、当サイトでは結局の所「スチームファースト」が最もオススメの機種となっております。

 

そもそも、スチームファーストは下記のような特徴を有しているため、スペック的にはケルヒャーを圧倒しているのです。

 

  • 連続稼働時間45分
  • アタッチメントの総数が18種類
  • スチームの質が極めて良い
  • スチームクリーナー専用洗剤が最初から付属
  • 安心の一年保証

 

ケルヒャーはかなり大きな企業となるため、必然的に広告費等もかなりの金額かかっています。その結果、その広告費が価格に跳ね返ってきているため「コストパフォーマンス」の面で、若干不満が残る内容になってしまっているんですね。

 

スチームファーストは本当にオススメの機種となりますため、是非一度ご確認下さい。

 

>>スチームファースト公式サイト<<